ブログ

Natural Toneの日々の事など色々な情報をお届けします。

Natural Toneのスタッフが日々のサービスの裏側や、
その他の色々な情報を書いています。

2017年07月07日石巻回

 

いつもブログをご覧の皆様、

おはようございます、こんにちわ、こんばんわ。

メンテナンス部の藤木です。

 

 

今回は、

前回(2017年6月9日のブログ)にありました様に、

 

「正しい石巻(いしまき)の方法」を!!

 

皆様にお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

まず準備するものですね!

 

 

石巻1

 

まず準備するものは、

小石、ビニールタイト(黒か緑)、

画像にはありませんが、ハサミ。

 

そして、、、。

水草でございます。

 

今回使用する水草は、

「ミクロソリウム・プテロプス」

という水草を使用します。

 

水草はあらかじめ一株一株キレイに分けておいて下さいね!

 

 

 

 

ではまず最初に

「良くない石巻」の画像をお見せします。

 

石巻2

 

こちらの画像の何がいけないかと申しますと。

 

 

本来ビニールタイトで

「株の茎を縛りつけなければいけない」のですが、

この画像では、

「葉っぱを縛りつけてしまっている」んですね。

 

 

このままでは、

すぐに葉が傷んでしまいますし、

何より石に水草が活着しません。

 

最悪の場合、水草自体が病気になってしまいます。

 

 

 

 

と言う訳で、

ここからは「正しい方法」をご紹介していきます。

 

1.

石巻3

 

まず片手に小石とビニールタイトをこの様にセットします。

 

 

 

 

 

 

2.

石巻4

 

次に、葉っぱを避けながら小石とビニールタイトの間に

水草を一株一株すべり込ませていきます。

 

 

 

 

 

 

3.

石巻5

 

水草が小石半周分程敷き詰まったら、

ビニールタイトをキュッと捩って縛り、

余分なビニールタイトをカットします。

 

 

 

 

 

 

4.

石巻6

 

次に、すでに傷んでいる葉っぱをカットします。

カットしておくと無くなった葉に行くはずだった養分が、

新芽を出す為の養分に変わるため、新芽が早く出てきやすくなります。

 

 

 

 

 

5.

石巻7

 

あらかた傷んだ葉っぱをカットし終わったら出来上がりです!!

 

 

 

 

 

 

地味に細かい作業のなので、

これが案外疲れるんですよ、、、、。

 

 

 

しかし!!

 

 

 

美しい水槽を作る上では必須の作業なので、

手を抜く事は出来ません!

 

 

 

 

「スタッフ一同真心込めて、

一つ一つ丁寧に作っています。」 ※ここ重要

 

 

 

 

 

前回から今回へと、

表のメンテナスではない

 

地味ぃぃぃぃっな!!

裏の作業をご紹介させて頂きました。

 

もし、

皆さんもご家庭で水槽を始めたい!

という方がいらっしゃれば、

これらを参考にして頂ければ幸いです。

 

 

ではまた次回、お会いしましょう!